ホワイトニング 効果

ホワイトニングを行う際の効果

ホワイトニングの効果とは?


ホワイトニングの効果は、言うまでもなく歯を白くすることです。
生活習慣や、嗜好によって、歯は徐々に黄ばんできたり、黒っぽくなってきます。
いわゆる色素沈着ですが、この状態になってしまうと通常の歯磨きでは落とすことができないのですが、ホワイトニングでは、白く美しくすることができます。
ホワイトニングに使われるのは、過酸化水素を主成分とした薬剤なのですが、歯に塗布することによって、歯の色素が分解され、着色汚れを取り除くことができます。
そしてもう一つ、ホワイトニングの効果として、自信が持てるようになることが挙げられます。
口元を気にして笑えなかったという方でも、気にすることなく堂々としていられます。
白い歯というのは、相手に好印象を与えますので、そういった意味で大きな効果があると言えるのではないでしょうか。


ホワイトニングの効果はどのくらいで出る?


ホワイトニングの効果の出方には個人差があり、すぐに 効果が実感できる方と、そうでない方がいます。
できるだけ早く白い歯にしたいと思うと思いますが、着色汚れの状態、ホワイトニングの種類などにって、効果の出方に差が出てきます。
1回の施術で、効果を実感できる方もいれば、数回の施術でやっと少し効果が出てきた、という方もおり、一概にこのくらいの期間で効果が出るということはできません。
歯の状態は人によって異なりますし、虫歯や歯のひび割れ、歯周病などがある場合は、先いそちらの治療が必要になりますので、効果が出るのが遅くなります。


効果が出ないこともある?


ホワイトニングは、ほとんどの歯に効果があるのですが、残念ながら、効果が出ないこともあります。
まず、人口の歯には、ホワイトニングの効果は期待できません。
他の方法で人口の歯を白くする方法はありますが、薬剤を使ってする方法では、効果がありません。
また、歯の変色や着色がひどい場合や、金属によって歯が変色している場合、歯の神経が死んでいる場合などは、効果が出にくいようです。
そのため、ホワイトニングを行う前に、まずは歯の状態をチェックし、効果が出るのかどうか歯科医に相談の上、受けるとよいでしょう。