ホワイトニングのメリットとデメリット

ホワイトニングにおけるメリットとデメリットについて

ホワイトニングのメリットとは?


ホワイトニングの最大のメリットは、歯を削ることなく白くするという点です。
以前のホワイトニングの方法として取られていたのが、黄ばみや着色汚れが付着した部分を削ったり、被せものをして白く見せていたのですが、現在は、専用の薬剤を塗布して白くする方法がとられており、安全に歯を白くすることができます。
自分の歯を傷つけることなく、歯を白くすることができ、被せものなども必要ないので、自分の歯でできるというのも大きなメリットです。

自分の歯で、徐々に白くしていくので、自然な白さにすることができますし、好みの白さにすることができるなど、色の調節ができるのも魅力です。
繰り返し行うことができるので、常に白い歯を維持することも可能です。
また、オフィスホワイトニングを選べば、短期間で歯を白くすることも可能ですし、結婚式などのイベントに合わせてすることもできます。
歯を白くすることによって、それまで人前で笑ったり、しゃべったりすることが嫌だった方でも、自信を持って話すことができるようになるのも、大きなメリットと言えます。


ホワイトニングのデメリットとは?


ホワイトニングは、メリットばかりでは?と思う方もいると思いますが、デメリットもあります。
ホワイトニングのデメリットとして、継続して行う必要があるということが挙げられます。
ホワイトニングは、一度すれば永久にその効果が持つと思っている方もいると思いますが、残念ながらそうではありません。
効果がどのくらいの期間続くかということは、ホワイトニングの種類などによって異なりますが、どのホワイトニングでも、効果を持続させたいのであれば、定期的に健診を受け、必要に応じて追加のホワイトニングを行う必要があります。
追加の料金が発生するということは、費用面での負担も大きくなってしまうので、全ての方が容易にすることができないというのも、デメリットの一つではないでしょうか。

そしてもう一つ、人口の歯には効果がないというデメリットがあります。
そのため、入れ歯や差し歯の部分は白くすることができないので、他の歯との差ができてしまい、不自然に見えることがあります。
この記事を読んだ人は、以下の記事もチェックしています