ホワイトニングはどのくらいもつ?

ホワイトニングの持続時間

ホワイトニングはどのくらいもつ?


ホワイトニングは、一度しっかり施術を施すと、永遠に白さを保つことができると思っている方がいると思いますが、そうではありません。
ホワイトニングの効果の持続期間は、ホワイトニングの種類によって異なります。
オフィスホワイトニングの方が、料金が高いので、長く持つと思っている方がいると思いますが、オフィスホワイトニングよりも、ホームホワイトニングの方が、長く効果を持続させることができます。
オフィスホワイトニングの場合で、一般的な持続期間は3ヶ月〜1年程度とされています。
ホームホワイトニングの場合で、6ヶ月〜1年以上とされており、ホームホワイトニングの方が持続期間が長くなっています。
オフィスホワイトニングの中には、2〜3ヶ月しかその効果がもたないものも多くあり、効果を長く持たせたい方は、ホームホワイトニングの方がおススメです。


ホワイトニングの効果をできるだけ持続させるには?


ホワイトニングには、時間もお金もかかるので、できるだけ効果を持続させたいですよね。
白さをできるだけ長く保つには、オフィスホワイトニングよりもホームホワイトニングの方が良いのですが、それ以外にも効果を持続させる方法があります。
ホワイトニング効果をできるだけ持続させるには、定期的にホワイトニングを受けるとよいでしょう。
歯の黄ばみが気になってからホワイトニングを行うと、また一から始める必要がありますが、効果が落ちる前にホワイトニングを行うことによって、時間もお金も抑えることができ、美しい白い歯を保つことができます。
また、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを組み合わせたデュアルホワイトニングなら、さらに効果を持続させることができます。


なぜホームホワイトニングの方が持続時間が長いの?


オフィスホワイトニングの方が、料金が高くなるのですが、1回の施術で白さを実感できることもあり、即効性は期待できます。
ただ、ホームホワイトニングの方が、長い期間をかけて徐々に薬剤を歯に染み込ませていくので、効果が長続きするのです。