ホワイトニング 年齢制限

ホワイトニングの年齢制限について

ホワイトニングは年齢制限がある?


歯の悩みは、大人だけのものではありません。
子供でも歯の変色に悩んでいる子はたくさんいます。
事実、我が家の長男も1歳の時に飲んでいた薬の影響で、前歯を中心に根元が茶色く変色しており、歯科医に相談したことがあります。
うちの長男のように、幼少期に服用していた薬の影響によって、歯が変色するケースは珍しくなく、悩んでいるお子さんや親御さんも多いのではないでしょうか。
歯が変色していると、見た目にも気になりますし、いじめられることもあるため、少しでも白くしたいと思うのではないでしょうか・
歯のホワイトニングの対象年齢は明確にはされていませんが、14歳未満の場合は特に注意が必要です。
14歳未満の場合、歯が未成熟であるため、ホワイトニングの薬剤によって、なんらかの影響を受けやすいと考えられます。
未就学児の場合、ほとんどの子供が乳歯です。
乳歯のうちにホワイトニングをすることによって、これから生える永久歯が影響をうけることがあるため、しないほうが良いでしょう。
永久歯にどのような影響を及ぼすかは不明ですが、一生使うことになる永久歯を守るためにも、乳歯が生えている年齢では、ホワイトニングはしないほうが良いでしょう。


子供はホワイトニングができない?


子供だからといって、ホワイトニングができないというわけではありませんが、14歳未満の場合はできれば避けたほうが良いでしょう。
歯や歯茎の成熟度は、非常に個人差があるため、全ての子供に当てはまるものではありませんが、どうしてもホワイトニングを行いたい場合は、歯の状態を見て、色や薬剤を調節しながら行うことができます。
また、最近では、3歳〜12歳を対象としたキッズホワイトニングを行っている歯科医院があります。
キッズホワイトニングは、子供の歯を守りながら、歯を白くすることができます。
キッズホワイトニングに使われる薬剤は、大人のホワイトニングとは違うものが使われており、歯を白くするというよりも、歯を汚れなく強くすることを目的としたクリーニングなので、安全に歯を綺麗にすることができます。
子供の歯をどうしても白くしたいという方は、一度歯科医院などで相談してみるとよいでしょう。