ホワイトニング 適さない人

ホワイトニングに適する人、適さない人

ホワイトニングができない人はいる?


ホワイトニングは、多くの場合誰でもすることができるのですが、中にはできない方もいます。
まず、歯に疾患がある方は、ホワイトニングには適していません。
虫歯やひび割れ、歯周病、知覚過敏がひどい方は、ホワイトニングをすることによって、薬剤が患部に付着し、症状を悪化させることがあるため、適していません。
ただ、それらを治療した後にホワイトニングをすることは可能です。

差し歯や入れ歯などをしている方にも、ホワイトニングは適していません。
ホワイトニングは、生きている歯にのみ効果がるあるので、差し歯や入れ歯などの人口の歯を白くすることはできません。
また、虫歯の治療後に大きな詰め物をしている場合も、その部分を白くすることができませんので、適していません。

歯に異常がある方もホワイトニングに適していません。
テトラサイクリンという抗生物質によって変色してしまった歯を、ホワイトニングで白くすることができないため、この薬によって歯の変色を起している場合は、ホワイトニングができません。
また、生まれつき歯のエナメル質が薄い方や、象牙質が未発達の状態で形成されてしまった場合は、ホワイトニングを行うことによって、歯にダメージを与えてしまったり、強い痛みを感じることが多いので、ホワイトニングをしないほうが良いでしょう。

現在治療中の疾患をお持ちの方で、服用中の薬がある方も注意が必要です。
飲んでいる薬の中には、ホワイトニングの薬剤が影響を与えてしまうことがあるので、ホワイトニングをする前に、かかりつけ医に相談するようにしましょう。

妊娠中の方や、授乳中の方もホワイトニングには適しません。
特に妊娠中は、薬の服用にも注意が必要であり、ホワイトニングに使われる薬剤によって母体に影響を及ぼす可能性があるため、やめておいた方が良いでしょう。
また、ホワイトニングには時間がかかることも多いため、長時間同じ体制でいることによって、母体に負担がかかることもあります。
どのような影響が出るかはわかりませんが、母体やお腹の赤ちゃんの健康のためにも、ホワイトニングは、授乳が終わってからしたほうが良いでしょう。