ホワイトニング マニキュア 違い

ホワイトニングとマニキュアの違い

歯のマニキュアとは?


ホワイトニングを考えた時に、マニキュアという言葉を目にする方が多いのではないでしょうか?
通常の場合、マニキュアと聞くと、爪に塗るものだと思いますが、歯にするマニキュアもあります。
「歯を白くしたいけど、ホワイトニングとマニキュアだとどちらが良いの?」と疑問に思う方もいると思いますので、まず歯のマニキュアについて簡単にご紹介します。
歯のマニキュアとは、手足に塗るマニキュアのように、歯の表面に薄く樹脂をコーティングし、歯の色を変える方法です。
歯を削る必要はありませんし、痛みもありません。
また、たった1日で理想の白さにすることができます。


ホワイトニングとマニキュアの違いとは?


ホワイトニングは、様々な種類がありますが、歯に専用の薬剤を塗ってレーザーや光を当てることによって歯の色素を分解し、徐々に歯を白くする方法です。
理想通りの白さにするには、時間がかかることが多いです。
歯自体の色素を分解し、白さを得る方法ですので、自然な白さにすることができます。
それに比べて歯のマニキュアは、歯自体を白くするのではなく、歯の表面に薄く樹脂を塗って白く見せるものであり、歯自体は白くなりません。
ただ、ホワイトニングよりも短時間で理想的な白さにすることができるので、結婚式に間に合わせたいという方や、急な面接などに間に合わせることも可能です。
また、ホワイトニングは、人口の歯や神経のない歯を白くすることはできませんが、マニキュアなら可能です。
かかる料金は、クリニックなどによって異なるので、どちらが高いとは言えません。


ホワイトニングとマニキュアはどちらが良い?


「ホワイトニングとマニキュアはどちらが良いの?」と思った方もいると思いますが、歯の状態や用途、目的などによると思います。
人口の歯や神経のない歯が多いという方は、マニキュアの方が良いと思いますし、歯自体を白くしたいという方はホワイトニングの方が良いと思います。
また、時間的余裕のない方はマニキュアの方が良いのではないでしょうか。
マニキュアは徐々にはがれてきますので、できるだけ長く白さを保ちたいという方は、ホワイトニングの方が良いでしょう。
これらを参考にし、どちらが良いか判断してみてください。
迷うのであれば、歯科医師やクリニックなどで相談してみるとよいと思います。