OTCホワイトニング 種類 注意点

OTCホワイトニングについて-その種類と注意点-

OTCホワイトニングとは?


OTCホワイトニングとは、海外のドラッグストアで売られている商品を購入して、自分で行うホワイトニングのことです。
海外では、ホワイトニング剤がドラッグストアで販売されており、手軽に購入することができるため、自分でホワイトニングを行うことができます。
しかし、日本では、ホワイトニング剤を市販することは、薬事法で禁止されているため、市販されていませんが、インターネットで購入可能なものはあります。
ただし、日本人向けに作られたものではないため、日本人が使用すると、なんらかの副作用が起こることがあり、注意が必要です。


OTCホワイトニングの種類について


OTCホワイトニングは、歯に貼るだけのストリップタイプや、歯に直接塗るマニキュアタイプ、マウスピースに薬剤を入れるマウスピースタイプがあります。
以前は、ストリップタイプのものが人気が高かったのですが、現在は、マニキュアタイプが最もポピュラーになっているようです。
特に人気があるのが、クレストホワイトストリップス、ブライトスマイルホワイトニングペン、GoSmileアドバンスなどです。
いずれのホワイトニング剤もインターネットで購入することができ、価格も5000円〜10000円前後とお手頃な価格です。


OTCホワイトニングの注意点


価格が手頃で、ネット通販で簡単に購入することができますが、用法・容量を守らないと副作用のリスクが高まりますし、歯の状態によっては、使用しないほうがよい場合もありますので、使用には十分注意が必要です。
実際に使用してなんらかの異変を感じた場合は、すぐに使用を中止し、歯科医師などに相談するようにしましょう。
できれば、OTCホワイトニングより、歯科医師などの指導のもとでホワイトニングを行ったほうが、より安全にホワイトニングを行うことができますし、なんらかのトラブルが起きた場合でも、迅速に対応してもらえます。
様々な点を比較し、OTCホワイトニングを行うかどうか決めるようにしましょう。