オフィスホワイトニング 種類 料金

オフィスホワイトニングの種類や料金、そのメリット・デメリットについて

オフィスホワイトニングとは?


オフィスホワイトニングとは、歯科医院やクリニックで行うホワイトニングのことです。
高濃度のホワイトニング剤を歯の表面に塗布し、レーザーや光などを当てることによって、歯を白くする方法です。
歯を削ったり痛みを伴わずに白くすることができ、短期間で歯を白くすることができます。
オフィスホワイトニングは、1回の施術で白さを実感することができ、即効性が期待できます。
また、歯科医師や専門医が全て行ってくれるので、手間もかかりません。
ただ、施術後丸1日〜2日間はタバコが禁止されたり、歯に色がつきそうなコーヒーやワインなどの飲食物は禁止されることがほとんどです。


オフィスホワイトニングのメリット・デメリット


オフィスホワイトニングには、良い面もある半面、悪い点もあります。
手間も時間もかからず、即効性が期待できるのですが、持続性が低いというデメリットもあります。
オフィスホワイトの場合、長くて半年程度しか効果が持続しないため、効果を保ちたい場合は、定期的にホワイトニングを受ける必要があります。
そして、ホームホワイトニングに比べて料金が高くなることが多いのも、デメリットの一つです。
1回あたりの料金も高くなりますが、効果が短いため、ホームホワイトニングよりも頻繁にホワイトニングを受ける必要があるため、トータルの料金も高くなってしまうのです。


オフィスホワイトニングの種類とは?


オフィスホワイトニングには、様々な種類があります。
使われる薬剤や機器によって、効果や料金、方法などが異なります。
オフィスホワイトニングには、口の中全体に一度に光を当てることができる「ブライトス
マイル」や、前歯全体に光を当てて白くする「ズーム」、日本の企業が開発したLEDを使用した「ティオンオフィス」、「ルマクール」、レーザーによって行う「レーザーホワイトニング」、ハロゲンライトなどを当てて行う「マルチアートホワイトニング」などがあります。
種類によって、施術方法や効果、料金などが異なりますので、それらを比較の上、検討してみてください。